投入堂

 

三朝の三徳山三佛寺・投入堂に行ってきました。

三徳山は神・仏の宿る霊山。石鎚山(愛媛)・吉野山(奈良)とならぶ修行の場として有名で、慶雲3年(706年)に開山したと言われています。
その昔、修行者が蓮の花びらを、「この花びらを、神仏にゆかりのあるところへおとしてください。」と空に投げたところ、先の3つの山に舞い降りたため、そこに順にお堂を造っていったそうです。その最後が三徳山で、修行者が麓にお堂を造りました。そして、それを法力で手のひらに乗るほどに小さくして、大きな掛け声と共に断崖絶壁にある岩窟に投入れたと伝えられています。「投入堂」の名はこの事に由来します。 その他も、重文や国宝のお堂も幾つかあり、建立はそれぞれ平安時代後期及び室町時代・江戸時代後期とされています。 厳しい自然に身をおいて、悟りを開くために敢えて危険な場所に建立したお堂なので、参拝にも登山を要することで有名です。行く前に基本部分をざっくり調べただけだったので、受付で説明を聞いた時は驚きました。

と言うのも、以前からの入山時に靴のチェック(許可されなかったら受付で売ってる草鞋を購入しないとダメ)や、入山届の提出・雨天時は入山不可などの約束事があり、加えて、ここ数年連続で死者もでているらしく、警察から「一人での参拝は禁止」という指導がでて、お寺への参拝にしてはかなり厳しめの内容だったからです。

 結局、履いてた靴が許可されず500円で草鞋を購入。出鼻を挫かれ、裸足に草鞋スタイルで出発しました。・・・が、出発してすぐに、考えがあまかったことに気がつきました。

 途中、鎖やロープを頼りに崖を上る場所があるという事は知っていましたが、数もレベルも予想以上で、一歩間違えば大怪我しそうなところばかり。崖下へ転落なんかしようものなら間違いなく即死するはず。けれど、柵はなく、たまに命綱がある程度の安全対策もある意味すごかったです。 修行の意味が込められての事なので参拝者としては楽しいけれど、都会に住んでる者にはアナクロニズムな感覚をおぼえました。 

 草鞋に関しては、雨上がりとあって通常よりスリッピーな地面に足を取られていた靴の人たちを余所に、岩の上や木の根の上もモノともせずで、かなり威力を発揮!先人の知恵と道具の素晴らしさに感動・感心でした。 そんなこんなで、途中の崖っぷちに建つ文殊堂や地蔵堂に立ち寄り、「まさに絶景」を堪能して、最後に参拝者を待つ投入堂と納経堂へ。

 直線距離にすると麓から僅か500m程度ですが、道中を考えると充実感・達成感が結構ありました。それに、冒頭の伝説はホントの話じゃないかと思うくらい、どうやってあの場所に建てたのか不思議で、ここでも先人の知恵と忍耐に驚嘆せずにはいられませんでした。

 この日は、驚きと感動の充実した一日を堪能できました。行った事がある誰に聞いてもいい感想しか聞いたことのない、かなりお勧めのスポットです。

個人的にも、関西からだと日帰りで十分いける距離なので、近いうちにまた行きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です