CAP STUDIO Y3

神戸元町駅から北へ徒歩15分ほどの位置にある、CAP STUDIO Y3に行ってきました。場所などは下記HPをご覧になって下さい。
http://www.cap-kobe.com/

C.A.P.という、アートと社会をつなぐ様々な活動をしている組織があるのですが、STUDIO Y3はそのC.A.P.が「神戸市立海外移住と文化の交流センター」という施設を使って運営しているプロジェクトのひとつです。たくさんある部屋をさまざまなアーティストに創作の場として提供し、普段はその創作の現場を誰でも見られるようになっていて、また、毎月ワークショップや展覧会が行われています。

生の創作の現場を、しかもこんなに間近で見られる機会というのは、そういう友人でもいない限りなかなかあるものではないです。何かが生み出されている空間というのはやはり面白いし、他では得難い興奮があります。

器をつくっている人や

何とはひと言で形容できなかったりなぞのかわいいメモ・・・

住宅の外壁の中には断熱材を入れるのですが、その断熱材を使ってキャンバスのようにしている人がいました。写真の水色の塊がそうです。
硬い発砲スチロールのようなもので、切ったり削ったり加工がしやすくて形をつくりやすいので、建築系の学生なら模型をつくるときにおおまかな形を検討するときなどにもよく使います。

絵と造形物の間のような作品で、色使いも綺麗だったのでちょっと欲しかったのですが、作者がいなかったので手に入れられませんでした。
半年ぐらいで人が入れ替わってしまうのでまた近いうちに行きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です